ロングステイ、語学留学したいあなたを応援する海外中長期滞在サポート

体験レポート シドニー(オーストラリア)3

吉田 義昭様・ときえ様ご夫妻「観光&生活体験シドニーロングステイ道中記」

シドニーご滞在(2012年6月12日~6月19日)



とりあえず道中記みたいなものを記します。

準備段階では、公共交通を利用するのか良いか、徒歩可能か不明でした。
計画も、自ずとアバウトな物でした。
今思えばこちらから尋ねれば良さそうなものですが、その段階では、尋ねる事まで考えが及ばない状態でした。
※当社スタッフ:貴重なご意見をいただきました。今後、徒歩で行ける範囲のようなものをご案内できればと思います。

1日目

あれもしたい、これもしたいあっちもこっちも、で頭の中を整理できてなかったですね。

空港のお迎えの方の情報で、私たちには、徒歩可能かな、の感触を得ました。説明によると徒歩で南北おおむね1時間、東西20分位の規模だそうです。

アパートメント到着後早速部屋のチェックをして、ベッドをツインに変更してもらって、街中探検出発!

サーキュラーキーまで徒歩で行きオペラハウスに着いた頃、無情の雨が、、、
でも、アーケードの様なものがあり、少ししのげたのですが、どんどん本降りになりだし、やむなく市内の無料シャトルバスで戻りました。
バスの運転手さんにはもちろん英語で、タウンホールに着いたら教えてくださいと伝え。(レッスンの成果)
※吉田さんの奥様は当社の英会話スクールLanguage Stationをご受講されています

タウンホールからチャイナタウンあたりを探検してたらもう、ゆりやさんと会う時間になってしまいました。
部屋での説明の後、近くのスーパーマーケット、翌日の現地ツアー集合場所、トラムの事、チャイナタウン、ざっと同行してもらいました。

解散後、夕飯の調達にスーパーマーケットへ。
外国のスーパーマーケットが大好き人間ですから、隅から隅まで見て回り、夫は(必要な物を買ったら終わりの考えの人)ぐったり?に。

そして次に、いよいよ大好きなビールとワイン購入。
部屋に戻り、シャワーの後シドニー最初の晩餐!メニューは、パン、チーズ、デリの総菜サラダ、ラムチョプ。

2日目

13時間半の地元のエコツアーに参加。朝方降っていた雨も道中ですっかり上がりました。
ポートスチーブンスで野生のイルカや、コアラ探し。桟橋を離れたらもう早速イルカの登場。
飽きずにずーと見てました。癒されますね。
コアラは、自分たちで探すのですが、こんな所に?と思うような民家の近くで、発見!もう見つけられないかなと、思い出したところで見つかったから感激。

移動して砂丘でサンドスキー(参加者の中で一番何回も挑戦してしまいました)、ワイナリーで試飲、動物園で餌やり体験。
ビーチで貝探しは、海が荒れててできませんでした。超ハードなツアーを楽しませてもらいました。

この日の夕飯は外で。夫はいつものお決まり中華に行きたい、しかーし、アパートメントの周りはスペイン街、ツアーガイドのお兄さんのオススメの店があります。
好奇心の鬼の私は、勿論こちらに行きたい。さて、どっちに行ったでしょう。

(答え)パエリヤを頼むなら、タパスは2皿くらいが良いと、ガイド君のアドバイス。
アドバイスに従うも、周りの人の食べてるものがおいしそう!つい追加してパエリアを待つが、出てきてその量の多さにビックリ!とても食べきれません。
ドギーバッグプリーズで、帰りました。
※ドギーバッグとは食べきれなかった分をお持ち帰りするための容器です。

3日目

フィッシュマーケットへ。
当初は、トラムで行く予定でしたが、前日のガイド君のおすすめで、地図を片手に徒歩で。
途中観光案内所にて、シドニー&ボンダイの周遊乗り降り自由のチケット購入。
人に道を尋ねながらも、奇麗なハーバーや、町並みを楽しみながら、無事到着。

また、ここでも隅から隅まで見てから購入。そして実食へ。
牡蠣、サーモンの刺身おいしゅうございます。ワインおいしゅうございます。何だか、気が付いたら1本空でした。
エビ、カニ、夫は手が汚れると言って喜びませんが、今回は従いました。

食後は、ダーリングハーバーからロックスへ。徒歩。
もちろん、興味のあるところでひっかかりながらの移動です。
ナビゲーターの私、ワインを頂きましたので、ちょっと磁石が狂う事もありました。

ロックスは、金曜日にファーマーズマーケットが開催されるとの事。
マーケットを楽しみながらも、免税店も一応チェック。
タウンホーウルへ引き返すみちすがら、Exchangeレートを確認。ロックスが一番良いレートでした。

今日もよく歩きました。
夕飯は部屋で、ハムとチーズとドギーバッグ。ワインとビール。

4日目

朝から本格的な雨。前日購入したバスチケットは、オプンエアーで乗る予定。もう翌日の天気が雨ならアウト。
キャンセルできないか問い合わせにまた観光案内所へ出かけました。購入したところでない別の案内所を地図を頼りに目指します。
地図は、結構アバウトでした。行けども行けども見つかりません。
結構いろんな人にも聞きましたが、最終的には、フェリー乗り場のお兄さんが、正解でした。
地図とは、ちょっと方向が違うので半信半疑で向かうと、ありました!雨の中あっち、こっち歩いたなー。

そこは、ロックスの古い建物の中にあり、フィッシュマーケットの帰りに寄った場所でしたが、フロアーが上でした。
キャンセルには25%の手数料が必要との事。諦めて、翌日晴れるのを願います。

この日はロックスでは、フリーマーケットの日で特に色々なお店が多数出て目を楽しませてくれました。

遅いランチは、パブで。パエリヤで恐れおなして、フィッシュ&チップスを一人分、分けます。ビールは分けません。フフフ

アフターランチは、ピットストリートや、タウンホーウル近辺のウインドウショッピング。
お店も気になるものがあれば中まで入りますし、この頃には、大まかな地図と建物の位置関係は頭に入ってますので、本当に良く歩きました。
日頃歩いてますが、改めて良く歩いたと思います。夫も夜中に目が覚める事なく良く寝たそうです。
晩餐は、ワインにビール、チーズ、ハムにサラダ。らくちん。

5日目

晴れ
オープンエアーのバスで、シドニー復習。乗り降り自由ですから、気ままにおりたり乗ったりボンダイビーチも外せません。
景色もすばらしいのですが、人が多いのにも関わらずビーチが汚れてません。夫と日本の海岸の事を思い煩ってしまいました。

ここでもフリーマーケットが小学校の校庭で開催されてました。
ランチは市内のフードコートで、やはり一人分を分けて。夕刻バスを降り、翌日の電車の切符の買い方の予習。

夕飯は、とうとう中華です。
本格的、リーズナブル、サービスなしのお店でしたが、美味しいのですが、これまた、量の多い事。
またしても、ドギーバッグプリーズ。

6日目

(現地スタッフの)ゆりやさんのお宅訪問。
電車の券売機の使い方がイマイチで、結局窓口にて、購入。
1時間ほどの電車の旅。市内を少し離れるだけで、すごく自然があります。
お招きのおかげで、旅行者のあまりいかない所にも訪問でき、シドニーの生活者の空気をほんの少し感じられました。

森の中(お庭ですが)BBQを頂きました。
ゆりやさんのお友達も参加して、特に日本との教育の考え方の違いが話題になり、考えさせられました。

帰りは、路線バスで帰りました。高速道路ですから、30分ほどでタウンホールにつきました。
その後、KVBの担当の方に面会に行き、この旅行の目的の一つを実現。

当初の目的の一つ、息子のホームステイファミリーに会いたいと思ってましたが、住所が分からなくなってしまい残念でした。
まあ、一つ実現できてよかったね。

とうとうシドニー最後の晩餐へ。
メニュは、中華! ドーギーバッグ。ワインとビールがあればよし。

翌、早朝のシャトルバスの予約とクウィックチェックアウトの準備。
パッキング、忘れ物のないよう引き出しは空にして。

7日目

シドニーにさようなら。
家に着いて家族に買ってきたお土産が無ーい!

以上、吉田の道中記です。


シドニーの概要、プラン一覧を見る?

シドニーの概要、プラン一覧を見る?

他の体験談を見る


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ガバペンチン